クマの原因を調べる|肌トラブルを治すための情報サイト

顔のパーツ別のケア

手鏡

原因別のセルフケア

目は顔の中でも重要なパーツです。しかし、くすみやクマがあると疲れた印象になってしまいます。クマは色により種類と原因が違います。また、治す方法も違うので自分のクマを把握する事から始めましょう。目の下が黒いのは黒クマと呼ばれます。原因は目の周りのたるみや目の下の窪みです。対策は目の周りのマッサージです。その際はマッサージクリームやオイルを使い肌への刺激を少なくして下さい。また、眼筋のトレーニングも有効です。一方、目の下が青みを帯びているのは青クマです。これは毛細血管が皮膚から透けて見えている状態です。主な原因は睡眠不足や血行不良です。対策は睡眠や生活習慣の改善から始めましょう。また、入浴や市販のホットパックで目を温める事も有効です。茶クマは目の下が茶色がかっています。茶クマはメラニン色素の影響で色素沈着を起こしています。まずはビタミン等を配合した美白コスメを利用してみて下さい。目の周りは皮膚が薄く敏感なので使用の際は気をつけて下さい。

病院で治療しよう

セルフケアで効果を感じない時は病院治療を行いましょう。その方が効果的です。黒クマを治すには自身の脂肪やヒアルロン酸を注入して肌に張りを与え、目の下の窪みを改善します。また、まぶたを切開して窪みのある所に脂肪を移動させます。青クマを病院で治すには微弱な電流を使い有効成分を肌の内部まで浸透させ血行を促進します。また、レーザーで毛細血管を目立たなくする事も可能です。茶クマを治すにはシミやしわ同様に黒色に反応するレーザーでメラニン色素に働きかけます。また、レーザーやケミカルピーリングで肌のターンオーバーを正常にします。一方、ハイドロキシン等を使用して美白ケアを行います。いすれにせよ医師と相談して納得したうえで治療を行って下さい。